top of page

教室について

茶道を学ぶときは大抵教室に属します

教室にもいろいろあるんですが、

家の近くを探せばあると思います

しかし、将来茶道の仕事がしたいという人、

その方は京都の家元のところに入るか、

権威のある先生のところに属するのがいいでしょう

まずここを考えていないと奥が深すぎて、

途中で迷走します

趣味でやるとしても一定以上はお金がかかります

その理由もあり、家族等に茶道をやっている人が

いればその流派に入ることをお勧めします

趣味でここまで考えるかと思うかもしれません。

でも長くやると考えてしまいます

茶道のお金の周りは生活を豊かにします

茶道で使用するものは戦国時代とか昔からある

茶人が作って使っていたものを使用するので

ほとんどの道具は引き継げるからです

基本劣化することはないんです

そうならないように教えるのも茶道の一つですから


写真は実家にあったものです。知られていない作品だと売るのが難しい!


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Untitled

収納

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page